切手の買取 | お酒や骨董品などの買取は専門業者へ【なんでも買取任せな査定】

お酒や骨董品などの買取は専門業者へ【なんでも買取任せな査定】

切手の買取

知っておくとよいでしょう

年末に年賀状の書き損じはがきが出ました。プリントミスをしてしまったからです。このような経験をされた方はいるはずです。この書き損じはがきをどうしますか。書き損じはがきを集めて、寄付をする団体の方がおり、学校で案内もされています。 別の方法として、郵便局で規定の交換手数料を払って、新しいはがきや切手に交換してもらうこともできます。 去年の年賀状だけでなく、それ以前の年賀状や50円はがきなども交換可能です。この交換した切手をどうするか。最近は、メールやSNSで懸賞なども行えるので、大量の切手を使う機会がありません。ゆうパックなどの支払いにも使えますが、現金にしてもらう買取が、一時的現金収入になるよい方法です。

あなたの工夫次第です

切手の買取を希望する場合、まず買取可能なショップを探します。金券を取り扱うショップは、ほとんど切手の買取もしています。もし近くになければ、インターネットでも取り扱っています。 当たり前ですが、買取はできるだけパーセンテージの高いショップを探しましょう。買取は、金額や100枚綴りのシート、バラの場合で金額が変わってきます。52円切手よりも82円切手の方が、買取価格のパーセンテージが高いです。またバラよりシートの方が高くなっています。 切手の買取を行うショップは、書き損じはがきも買取対象になっている場合がありますが、安くなります。書き損じはがきは、切手に交換して買い取ってもらうと少額かもしれませんが、現金収入になります。